記事内に広告が含まれている場合があります。

LINEMOとワイモバイルの違いを比較。料金・速度・繋がりやすさ、おすすめはどっち?

LINEMOとワイモバイルの違いを比較 LINEMO

格安SIMを検討しているとき、候補に挙げられやすいLINEMO(ラインモ)とワイモバイル。

LINEMOとワイモバイルはどう違うのか?自分にはどちらがおすすめなのか?、と悩んでいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、LINEMOとワイモバイルの違いを11個の項目で詳しく比較します。LINEMO・ワイモバイルそれぞれの魅力とおすすめの人についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEMOとワイモバイルはどちらもソフトバンク提供

LINEMOとワイモバイルはどちらもソフトバンク提供

LINEMOとワイモバイルはなぜ比較されることが多いのか?

それは、LINEMOとワイモバイルはどちらもソフトバンク株式会社によって提供されているサービスだからです。

世の中にはソフトバンク回線を利用した格安SIMサービスがたくさんありますが、それらはソフトバンク回線の一部を間借りして提供されているので、通勤通学やお昼など、回線が込み合うタイミングで遅くなったり不安定になったりしてしまいます。

一方、LINEMOとワイモバイルはソフトバンクが直に提供しているので、通信品質や安定感は抜群。そのうえ、本家ソフトバンクよりも圧倒的に低価格です。

では、そんなLINEMOとワイモバイルはどこがどう違うのか?以下で詳しく解説していきます。

LINEMOとワイモバイルの違いを11項目で比較

LINEMOとワイモバイルを以下の11項目で比較していきます。

興味のある項目をタップすると解説までジャンプできるので、活用してみてください。

  1. プラン・ギガ数・月額料金
  2. データ容量
  3. データの繰り越し
  4. Wi-Fiスポット
  5. 通話オプション
  6. 留守電とキャリアメール
  7. 通信速度と品質
  8. 割引
  9. キャンペーン
  10. 機種の取り扱い
  11. 店舗の有無とサポート

プラン・ギガ数・月額料金

まずは、LINEMOとワイモバイルそれぞれのプランと価格について。

LINEMOのプランは、「ミニプラン」と「スマホプラン」の2種類。

ワイモバイルのプランは、「シンプル2S」「シンプル2M」「シンプル2L」の3種類でどちらも非常にシンプルです。

各プランで使える月間のギガ数(データ容量)と税込の月額費用をまとめた表がこちら。

比較項目LINEMOLINEMOワイモバイルワイモバイルワイモバイル
プラン名ミニプランスマホプランシンプル2Sシンプル2Mシンプル2L
月間データ容量(ギガ数)3GB20GB4GB20GB30GB
月額基本料(税込)990円2,728円2,365円4,015円5,115円
通話料金22円/30秒22円/30秒22円/30秒22円/30秒22円/30秒

それぞれの最も安いプランを比較すると、LINEMOが990円、ワイモバイルが2,365円と1,375円の差があります。

1,000円以上の差があるのに対してギガ数は3GBと4GBで1GBしか差がないので、安さを求めるのであればLINEMOの方がお得であると言えそうです。

逆に、最も高いプランはLINEMOが2,728円、ワイモバイルが5,115円で差は2,387円。しかし、ワイモバイルの方がギガ数が10GBも多いので妥当。

同じ20GBのデータ容量である「スマホプラン」と「シンプル2M」を比べると、やはりLINEMOの方が1,287円お得です。

上記のように各プランの月間ギガ数と月額料金だけを見るとLINEMOの方がお得に思えますが、実はワイモバイルにはお得な割引制度が存在するので、単純な比較はできません。

以下で、ワイモバイルの割引について解説します。

割引

ワイモバイルには、月額基本料を大幅に抑えられるお得な割引制度があります。

それは、「おうち割光セット(A)」と「PayPayカード割」の2種類。

「おうち割光セット(A)」とは?

SoftBank 光またはSoftBank Airとワイモバイルのスマホをセットで利用することで受けられる割引のこと。

割引額は、シンプル2Sの場合1,100円、シンプルM / Lの場合1,600円。

「PayPayカード割」とは?

「PayPayカード」または「PayPayカード ゴールド」でワイモバイルの通信料金を支払うと、プランに関係なく毎月170円割引される制度のこと。

これらの割引を適用したあとの価格は以下の通りになります。

比較項目LINEMOLINEMOワイモバイルワイモバイルワイモバイル
プラン名ミニプランスマホプランシンプル2Sシンプル2Mシンプル2L
月間ギガ数3GB20GB4GB20GB30GB
月額基本料(税込)990円2,728円2,365円4,015円5,115円
割引適用後の料金割引なし割引なし1,078円2,178円3,278円

見ての通り、ワイモバイルの「シンプル2S」はLINEMOの「ミニプラン」とほぼ同等の金額で1GB多い4GBを使用可能。

「シンプル2M」に至っては、「スマホプラン」よりも低価格で20GBの容量を使えるコスパ抜群のプランに変わります。

自宅の光回線をソフトバンク光 or SoftBank Airにできて、PayPayカードを持っている方であれば、LINEMOよりもワイモバイルの方がお得に利用可能です。

ワイモバイルには、さらに「家族割」もあります。2回線目以降の各基本使用料が毎月最大1,100円の割引になるので、家族で乗り換えたい場合はワイモバイルの方がよりお得になりそうです。

データ容量の繰り越し

LINEMOとワイモバイルの違いとして、「データ容量の繰り越し」に対応しているかどうかも挙げられます。

データ容量の繰り越しとは、各プランごとに決められているギガ数が余ったとき、翌月に持ち越せる機能のこと。

LINEMOとワイモバイルを比較すると、LINEMOは全てのプランでこのギガ数の繰り越しに対応していないのに対して、ワイモバイルは全プランで対応しています。

比較項目LINEMOワイモバイル
データの翌月繰り越し全プランで不可全プランで可能

「どうしてもギガ数の繰り越しを利用したい!」という方はあまり多くないと思いますが、あれば便利なサービスであることには間違いありません。

特に、LINEMOの「ミニプラン」やワイモバイルの「シンプル2S」といった低容量プランを比較したとき、データ容量の繰り越しができるかどうかは大きな違いになると言えます。

Wi-Fiスポット

LINEMOとワイモバイルでは、利用できるWi-Fiスポットにも大きな違いがあります。

ソフトバンクは、全国のカフェやレストラン、主要駅などで無線の高速インターネットを利用できる公衆無線LANサービス「ソフトバンク Wi-Fiスポット」を提供しています。

通常は有料の「ソフトバンク Wi-Fiスポット」ですが、ソフトバンクとワイモバイルのユーザーは無料で利用可能。しかし、LINEMOのユーザーは使えません。

もし、日常的に「ソフトバンクWi-Fiスポット」を利用する可能性がある場合は、ワイモバイルの方が便利。

逆に、外出先のWi-Fiスポットはほとんど使わないという方であれば、LINEMOも問題なく利用できます。

通話オプション

続いては、LINEMOとワイモバイルの通話オプションの比較です。

両サービスに、「1回〇分間限定でかけ放題」のオプションと「制限ナシで国内通話かけ放題」のオプションが用意されています。

比較内容LINEMOワイモバイル
限定かけ放題・通話準定額
・5分間:月額550円
・だれとでも定額+
・10分間:月額880円
制限ナシ通話かけ放題・通話定額
・月額1,650円
・スーパーだれとでも定額+
・月額1,980円

限定かけ放題のオプションを比較すると、LINEMOは通話時間が5分間とやや短いものの月額は税込で550円と安価。

ワイモバイルは月額税込880円とLINEMOより高いものの、通話時間が10分間と余裕があるので、一長一短といったところ。

制限ナシのかけ放題は、LINEMOが税込1,650円、ワイモバイルが税込1,980円なので、わずかにワイモバイルの方が高価ですが、ほとんど誤差の範囲と言っていい差ではないでしょうか。

留守電とキャリアメール

別のキャリアからLINEMOやワイモバイルに乗り換えたいと考えたとき、意外とネックになりやすいのが留守番電話サービスとキャリアメールの提供の有無。

LINEMOとワイモバイルを比較すると、LINEMOは留守電が月額税込220円、キャリアメールのが非対応であるのに対して、ワイモバイルは両方ともプランに組み込まれており、明確に差があります。

比較内容LINEMOワイモバイル
留守番電話サービス月額税込220円無料で利用可能
キャリアメールサービスナシ無料で利用可能(@ymobile.ne.jp)

メールアドレスについてはGmailのようなフリーメールサービスで十分代用できるものの、留守電は欲しいという方も少なくないはず。

留守番電話サービスを外せない方には、ワイモバイルの方がおすすめです。逆に、留守番電話はほとんど使ったことがないという方は、安心してLINEMOに申し込めます。

通信速度と品質

冒頭でも触れたように、LINEMOもワイモバイルも回線はソフトバンクなので通信速度や安定性、品質などは申し分ありません。

もちろん、5G通信もLINEMO・ワイモバイルの両方で利用できます。

以下、参考までにLINEMOとワイモバイルそれぞれの速度を測定した結果を掲載します。

比較内容LINEMOワイモバイル
ダウンロード速度427Mbps380Mbps

どちらも自宅に引く光回線並みの速度が出ているので、動画視聴やオンラインゲームもストレスなく楽しめるレベルです。

機種の取り扱い

端末販売の有無を比較すると、ワイモバイルはオンラインショップや実店舗でスマホ本体を販売しているのに対して、LINEMOでは販売はありません。

最新モデルではないものの、ワイモバイルではiPhoneも取り扱っています。

ワイモバイルの機種ラインナップをチェック

ただし、正直に言ってワイモバイルの端末ラインナップは豊富とは言えません。

個人的には、端末はSIMフリーで好きなスマホを選び、そのうえでプランやキャンペーンなどからLINEMOかワイモバイルの回線だけを契約するのがおすすめです。

店舗の有無とサポート

サポートの充実度・手厚さを比較すると、LINEMOよりもワイモバイルの方が優れています。

というのも、LINEMOが申し込みや手続きの全てがオンラインで完結するほか、オペレーター対応もチャットとLINEのみという徹底っぷりであるのに対して、ワイモバイルはソフトバンク・ドコモ・auのように街中にショップがあるため。

もちろん、ワイモバイルは電話やチャットでの対応もしてくれますし、初心者向けのサポートサービスも月額税込550円で提供されています。

操作方法や手続きなど、わからないことがあればショップで・対面で相談したい方にはワイモバイルがおすすめ

逆に、ショップに出向くのが面倒、トラブルも自分で調べて解決できるという方にはLINEMOがおすすめです

キャンペーン

LINEMOでもワイモバイルでもお得なキャンペーンが実施されており、ざっくりと分類すると

  • LINEMOはPayPayポイントが貰えるキャンペーンが多い
  • ワイモバイルはデータの増量や条件付きの割引が多い

といったところ。

特に、他社からの乗り換えの際にメリットとなるキャンペーンはLINEMOの方が充実している印象です。

LINEMOのキャンペーンについては、以下のページでより詳しく確認できます。

参考LINEMOのキャンペーンまとめ

ワイモバイル独自の魅力

ワイモバイル独自の魅力

ここまで、LINEMOとワイモバイルを比較してきました。

では、ワイモバイルにしかない独自のメリットや魅力はどんなモノがあるのか?

前述した比較内容も含めて、箇条書きしてみます。

ワイモバイル独自のメリット
  • 実店舗サポート
  • キャリアメールの提供
  • 留守番電話サービスが無料
  • 光回線割引きや家族割引など
  • 月額508円のYahooプレミアムが無料
  • ソフトバンクWi-Fiスポット

Yahooプレミアムとは、PayPay関連サービスのポイント還元率がアップしたり雑誌が読み放題したりできる月額508円のサービスのこと。ワイモバイルを選択する決定打としては弱いものの、あると便利な機能です。

ワイモバイルがおすすめなのはどんな人?

以上の比較とメリットを踏まえて、「ワイモバイルがおすすめなのはどんな人か?」についてまとめてみます。

ワイモバイルがおすすめな人
  • 契約やサポートなどをショップで対面で行いたい
  • キャリアメールや留守番電話を無料使いたい
  • 光回線割や家族割引などの割引を利用できる環境の人
  • 毎月20GB以上のギガを使う人

上記の条件に当てはまる人は、ワイモバイルに向いています。

特に、動画視聴やゲームなどで毎月20GBのデータ容量を消費する方は、月30GBのプランが用意されているワイモバイルがおすすめです。

LINEMO独自の魅力

LINEMO独自の魅力

LINEMOにしかない独自の魅力やメリットを並べてみると、以下のようになります。

LINEMO独自のメリット
  • 月額料金が安い
  • ショップに出向かずに契約できる
  • キャンペーンがお得で充実
  • プランがわかりやすくシンプル
  • LINEギガフリーに対応

LINEギガフリーとは、LINEアプリのトーク・音声通話・ビデオ電話などをデータ消費(ギガ消費)ゼロで利用できるサービスです。

LINEMOの魅力やメリットについては、以下のページでも詳しく確認できます。

参考LINEMOの口コミと評判、メリット・デメリット

LINEMOがおすすめなのはどんな人?

以上の比較とメリットを踏まえて、「LINEMOがおすすめなのはどんな人か?」についてまとめてみます。

LINEMOがおすすめな人
  • 契約やAPN設定、データ移行などを自力でできる人
  • とにかく月額料金を抑えたい人
  • LINEの使用頻度が高い人
  • 毎月使うギガ数が20GB以下の人

LINEMOのターゲット層は、ある程度スマホや回線などの知識があるデジタルネイティブの世代。人件費のかかるサービスを利用する予定がなく、その代わり安く済ませたいという方にピッタリです。

まとめ

LINEMOはできるだけ無駄なサービスやオプションを削ぎ落し、最低限のサービスを安く使いたい方向け。

ワイモバイルは、3大キャリアに近いサービスをちょっとお得に使いたい方向け。

自身のスマホの使い方はどちらに近いかを振り返り、ピッタリのサービスを選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました